栃木県は穀物の生産でも有名ですが、キレイな川が流れているなどして川魚も有名です。
そこで魚と野菜を豊富に使用している郷土料理をご紹介していきます。


(1)アイソの田楽
魚のウグイが春に産卵期に入り、その時期のウグイをアイソと言います。
この田楽という料理法はアイソ以外にも川魚全般的に使うことが出来る料理方法になっており、昔から田楽を使ったメニューが豊富に残されています。
理由としては味噌を使うことで、川魚にどうしても残ってしまう生臭さをなくすことが出来るので、川魚が苦手な人で食べることが出来る調理法になります。

(2)鮎の塩焼き
栃木県に行かれたことがある人は一度は食べたことがある郷土料理ではないでしょうか??
栃木県は多くの川が流れており、例年鮎を獲得するために鮎やなというものが設置されて、獲ったばかりの鮎を炭火で塩焼きしにして食べる事が昔から親しまれていました。

(3)鮎飯
栃木県を流れる清流に生息をする鮎は昔から貴重な食材として扱われてきており、お祭りなどでは必ず出される料理になります。
この鮎飯は炊き込みになるので、鮎の素焼きを使うことで鮎の香りと味をそのまま味わうことが出来ます。
魚が苦手な人でも食べられる事が多い調理法になります。

(4)いとこ煮
栃木県で昔から食べられている汁物の事で、カボチャyはれんこん、大根、サトイモ、牛蒡などといった固めの野菜を煮混んで食べる料理になります。
名前の由来は固い材料からおい(甥)おい(甥)いれていくことから、いとこ煮という名前になりました。

(5)イモ串
栃木県内で特に北部で食べられる事が多く、正月の料理として愛されてきた料理になります。
また昔から子供おやつとして人気で、串にイモをさして囲炉裏の周りで焼く姿が良く見られていました。

(6)かんぴょうの卵とじ
栃木県はかんぴょうで有名な土地でもあります。
かんぴょうは7月~8月にかけて実をつける植物で、その身を切り出して乾燥させたものになります。
栃木県は水はけもよく、乾燥している土地なので、かんぴょうの生育条件にも適合したため大きく栽培されるようになりました。
全国で生産されるかんぴょうの90%を栃木県で生産されているかんぴょう大国になります。

(7)餃子
栃木県の宇都宮で有名なものといえば餃子ではないでしょうか。
昔宇都宮出身の兵隊が中国の満州から帰還をする際に餃子の製造法を持ち込んだことが起源だと言われています。
なんと宇都宮市内には餃子を取り扱っているお店が、専門店と料理店を含めて約200件あると言われています。
宇都宮市は餃子を観光PRに上手く使う事ができたので、現在では宇都宮といえば餃子というほどに成長をしました。

(8)けんちん汁
けんちん汁は県内の色々な場所で作られていますが、一番有名なのが正覚山相院法綸寺の『光丸山大祭り』で、精進料理として提供される事ではないでしょうか。
大祭り中には殺生をすることが禁止をされており、栄養が豊富な野菜がたくさん入ったけんちん汁が多くの参拝客をもてなしています。

「栃木」の商品一覧

全113件中 1~20件表示中

全113件中 1~20件表示中

カートに入れる

商品検索

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」
PR
忍者AdMax