福島県の郷土料理には山と海の幸をふんだんに使った料理が多く有ります。
そこで今回は一部をご紹介します。


(1)あんこう鍋
福島はあんこうが名産品で、常磐沖産のアンコウの肝をつぶして鍋の汁の中にコクをだして、野菜やアンコウの切り身をいれて味噌味で仕上げるのが美味しいものです。
アンコウは冬の時期が身が引き締まっている旬で、肉もやわらかく旨味もあります。
アンコウのくせのない白身と柔らかい肉が味噌と合います。

(2)あんこうのどぶ汁
福島県いわき市はあんこうの名産品で、この場所ではあんこうのどぶ汁が有名です。
どぶ汁とは最初に肝と味噌を炒めてから汁を注いで、湯通しをしたアンコウの身を入れて野菜を煮混んで食べるのが一般的です。
アンコウは捨てる場所が無いと言われるほどで、身・皮などもプリプリとして食感に、濃厚な肝汁が最高に体を温めてくれます。
他には湯通した切り身と砂糖・わさびと酢を交えたともあえも美味しいです。

(3)いかにんじん
福島では昔から秋から冬にかけて保存食として食べられていた食品になります。
現代では正月などにも食べられており、欠かせない1品になります。
中身としては、するめとニンジンを細切りにして、醤油とお酒などで漬け込んだものです。
ニンジンのシャキシャキした食感とするめの食感が非常にマッチをした味です。
シンプルな味付けですが、後を引く味付けになります。

(4)馬肉料理
福島は馬肉料理の有名な地域になります。
部肉料理としては、馬刺し、馬ステーキ、桜鍋、すき焼きなど種類も豊富です。

(5)お平
福島では昔から伝わってきた行事食です。
冠婚葬祭の場には必ず出されている食品で、漆塗りのお平椀に盛り付けることからこの名前が付きました。
お平の材料は、結び昆布、牛蒡、マイタケ、油揚げ、串魚の5種類を煮混んだものです。
山と海の幸を味わえる料理になります。


(6)柏煮
肉・魚・野菜を酒粕に漬けて焼いて食べることが一般的な食材です。

(7)栗粉餅
餅に栗の粉をまぶしたもので、餅には一切の味付けがされていなく、栗の甘味と風味を味わう一品になっています。
栗の旨みを最大限に引き出すために念入りに裏ごしをします。

(8)ケンチンうどん
ケンチンうどんには根野菜をふんだんに使った栄養満点のうどんになり、秋から冬にかけて滋養強壮の為に食べられる事です。

「福島」の商品一覧

全70件中 1~20件表示中

全70件中 1~20件表示中

カートに入れる

商品検索

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」
PR
忍者AdMax